ドイツ デュイスブルク・キャスト盤

レ・ミゼラブル デュイスブルク公演・ハイライト盤

1996年、ドイツ・デュイルスブルク・キャスト、全22トラック(22曲ではない。後述)の、一応ハイライト版。

時代が新しめなためか、演奏がクリアーかつ迫力がある。プロローグは低音炸裂、"Lied Des Volkes" ("Do you hear the people sing?") の冒頭も妙に壮麗で、一瞬違う曲かと思うけど、こういうのも好き。しかし何故かウィーン盤よりもドイツ語ミュージカルっぽくないのが不思議。

ハイライト版ゆえに、人によっては出番にかなりの偏りがあるため、公平な感想とは言えないかも。私としては、ベガーズシーンが入っていないのがとても残念。リトル・コゼットも出番なし、そのわりにテナルディエの宿屋の冒頭(お客の会話シーン)まで入っていたりするのは謎。「対決」もないのかと思ったら "Fantine's Tod" ("Fantine's Death") の後半が対決になっている。繋げる意味はわからないけど、入っていたのは嬉しい。

キャストは、皆、実力派風で特に歌が非常に巧いが、本来甲な人が乙で乙な人が甲というのが多いような……。ジャベールとマリウスが辛うじて正統派。ドイツ語だから感覚的に歌詞に入り込み辛いせいもあってか、全体的には「個性的だけど無難」というふしぎな印象のCD。

キャスト

JEAN VALJEAN : Jerzy Jeszke
JAVERT : Hartwig Rudolz
FANTINE : Cornelia Drese
MARIUS : Felix Martin
COSETTE : Deborah Dutcher
ÉPONINE : Sanni Luis
THÉNARDIER : Tom Zahner
M.THÉNARDIER : Anne Welte
ENJOLRAS : Martin Berger
演奏(指揮: Nick Davies)

はお気に入り度

キャスト雑感

ジャン・バルジャン: Jerzy Jeszke

アッサリ風味のバルジャン。美声だが普通の人っぽい感じで、冒頭からしてあまり十九年の苦難が感じられない。なぜか次第に老けるどころか逆に若く美形仕様の歌い方に……。

ジャベール: Hartwig Rudolz

朗々とした美声の格好良いジャベール。歌い方や演技に迫力があるわりには、声が美しいせいか、やや弱そうな感じを与えるかも。"Stern" ("Stars") がやたらと切ない叙情派ジャベール。しかし、 "Javert's Selbstmord" ("Javert's Suicide") は素晴らしい! 最後の叫びがちょっと細くて、もうちょっと絶叫系のほうが好みかな。でもそれもまた切なくて良い。素晴らしいのだけど、これぞという決定的なインパクトを残さないのはなぜだろう……。

ファンティーヌ: Cornelia Drese

どうも、儚げなのか強そうなのかよくわからないファンティーヌ。ある意味正しいのかな……? 声は綺麗で、いろいろな表情が出ているんだけど、却ってちょっとこの人のファンティーヌがどういうキャラクターなのかがよく解らない気も。

マリウス: Felix Martin

ウィーン盤の人と似てるなーと思ったら、同じ人だった。が、こちらの方が断然好きな感じ。技術的にもすごく巧くなっている気がする。声のタイプはJérôme Pradonや石井一孝系、ヘタレつつ鼻にかかったような甘さで歌い上げる。歌がなんとなく危なっかしいので☆0.5個分マイナスしているが、すごく好きなマリウス。"Ich heiße Marius Pontmercy!" で名前の発音を敢えてフランス語っぽくしているのも良い。"Schon So Lang" ("In My Life") はかなり爆笑ものの天然ぶり。そして"Morgen Schon" ("One Day More") が素晴らしい。冒頭はとてもヘタレ感たっぷり、甘さたっぷりかと思えば、最後には凛々しく立ち上がるマリウス。私の中で One Day More 最大の見せ場はアンジョルラスの登場だったが、このCDに限ってはマリウスの決意がメイン!

コゼット: Deborah Dutcher

綺麗な声でとても巧いが、妙に人生経験を積んでいそうなところが、コゼットらしさに欠ける。マリウスとのデュエット、マリウスが思い切り甘いヘタレ系なだけに、なにやら思い切り尻に敷いてる感じに……。

エポニーヌ: Sanni Luis

渋くて大人っぽい。私はかなり好きだけど、他のCDと比べるとちょっと異色のエポニーヌ? ドイツ語なのにシャンソンっぽい印象。ということは、この人が一番フランスっぽいのかもしれない。

テナルディエ: Tom Zahner

珍しくダンディな声のテナルディエ。盛り上げ感もあり、表情も巧みで、腹黒さも垣間見えるんだけど、ちょっと社会の根底を這い回る汚さがなく、なんとなく上流っぽいのが微妙。ただ、ほぼ宿屋シーンのみの登場なので、そうとも決めつけられないかな。

テナルディエの妻: Anne Welte

ほぼテナルディエ夫と同じような印象なんだけど、微妙に、本来は綺麗系なのを無理に作り込んだ感じが否めない。

アンジョルラス: Martin Berger

普通に巧いんだけど、「学生その1」って感じの声で、アンジョルラスのカリスマ性が感じられない。

その他:

ハイライト盤のため、ガブローシュ (David Jacobs) は General Lamarque ist tot! しか出てこないのでよくわからない。リトルコゼットは全く出てこないので注意。

司教様 (Willi Welp) が若々しくてちょっとありがたみが薄い。クールフェラック (Perrin Allen) が格好いい。グランテール (Thomas Hurter) は正統派な声過ぎるかも。

曲目

  1. Prolog
  2. Am Ende Vom Tag
  3. Ich Hab Geträumt Vor Langer Zeit
  4. Leichte Mädels
  5. Wer Bin Ich?
  6. Fantine's Tod
  7. Herr Im Haus
  8. Sterne
  9. Rot Und Schwarz
  10. Lied Des Volkes
  11. Schon So Lang
  12. Mein Herz Ruft Nach Dir
  13. Morgen Schon
  14. Nur Für Mich
  15. Der Erste Angriff
  16. Trinkt Mit Mir
  17. Bring Ihn Heim
  18. Die Letzte Schlacht
  19. Javert's Selbstmord
  20. Dunkles Schweigen An Den Tischen
  21. Die Hochzeit
  22. Epilog