マンチェスター・カンパニー・ハイライト盤

レ・ミゼラブル マンチェスター・カンパニー・ハイライト盤

1992年、イギリス、マンチェスター・カンパニーのハイライト盤。お約束のソロナンバー5曲のみを収録したミニアルバム。

ジャケットの印刷が雑でディスクケースもペラペラ、見た目のチープ感に反して、内容は素晴らしい。ただあまりにもハイライト過ぎて、他のCDとは比較できない感じ。こうしたソロの大曲よりも細かいナンバーが好きなので、その点は少し物足りない。通販で「ついでに」感覚で購入したけれど、決して損はない一枚。

キャスト

JEAN VALJEAN : Jeff Leyton
JAVERT : Philip Quast
FANTINE : Ria Jones
MARIUS : Mike Sterling
ÉPONINE : Meredith Braun
演奏

はお気に入り度

キャスト雑感

ジャン・バルジャン: Jeff Leyton(ジェフ・レイトン)

"Bring Him Home"
線の細めなバルジャンだが、ビブラートが激しい。Oの発音がなんだか落ち着かないけど、枯れ感は結構良い感じ。

ジャベール: Philip Quast(フィリップ・クワスト)

"Stars"
相変わらず安定して素晴らしいのだが、私はフィリップの"Stars"を聴くのはこのCDで三枚目で、特筆すべき違いがない。強いていえばこのバージョンはちょっと発声が綺麗めかも。

ファンティーヌ: Ria Jones(ライア・ジョーンズ)

"I Dreamed a Dream"
比較的、強そう。迸るような歌い方になると結構好み。可愛らしさはあまりないものの、老けているということもなく、適度に好き。

マリウス: Mike Sterling(マイク・スターリング)

"Empty Chairs At Empty Tables"
選曲のせいか、ヘタレてなくて妙に堂々とした男っぽいマリウス。歌はとても良いんだけど、いまいちマリウスって感じはしない。私にはマリウスをこの曲のみで評価するのは難しい。

エポニーヌ: Meredith Braun(メレディス・ブローン)

"On My Own"
溜息のような声が好み! ややボーイッシュ路線ながらも、ふんわりしてやや頽廃的な歌い方の、理想的エポニーヌ。On My Ownを聴きたくなったときには、大概このCDを聴いている。