オリジナル・フレンチ・コンセプト・アルバム

レ・ミゼラブル オオリジナル・コンセプト・アルバム

ミュージカル版レ・ミゼラブルの原点。1980年、現在のロンドン版ミュージカルの初演より以前に、フランスで作られたコンセプト・アルバム。

現在のバージョンにはない旋律もある。逆に "Bring him home" "Stars" "On my own" といった舞台の名曲はまだなく、 "One day more" にあたる曲も構成が違い、比べると地味でやや散漫とした印象。 "On my own" の旋律は出てくるが歌っているのはファンティーヌ。楽曲アレンジがポップなためか、古い録音のためか、現在のもののような壮大さや重厚さはないが、別の作品と割り切って聴けば好み。

ストーリーや流れもかなり違うようだが、フランス語なので全貌が解読できていない……。物語はモントルイユ・スュール・メール時代から始まっている。これは、銀の燭台のエピソードはフランス人にとってはあまりにも常識だったが、ロンドン初演時には無くては話がわからないのでは、ということで付け足されたとのこと。そのため、ミリエル司教が出てこない。その他、マリウスの祖父のジルノルマンが出てくる、グランテールは出てこないなど、登場人物も少し違う。

キャスト

FANTINE : Rose Laurens
JEAN VALJEAN : Maurice Barrier
INSPECTEUR JAVERT : Jacques Mercier
COSETTE ENFANT : Maryse Cédolin
M.THÉNARDIER : Marie-France Roussel
THÉNARDIER : Yvan Dautin
GAVROCHE : Fabrice Bernard
MARIUS : Richard DeWitte
ÉPONINE : Marie
COSETTE : Fabienne Guyon
GILLENORMAND : Dominique Tirmont
COMBEFERRE : Salvatore Adamo
FEUILLY : Michel Delpech
COURFEYRAC : Claude-Michel Schönberg
ENJOLRAS : Michel Sardou
演奏(指揮: John Cameron)

はお気に入り度

※どこまでがメインキャストなのかよくわからないため、クレジット順。特別出演枠以外は登場順の表記らしい。

キャスト雑感

ジャン・バルジャン: Maurice Barrier

コルム・ウィルキンソン原型の今のバルジャンと比べることは難しいけれど、個人的にはとても原作っぽいバルジャンで好き。低音で物静かなイメージ。

ジャベール: Jacques Mercier

この人だけは残念。品がなく苛々した感じの典型的な悪役風であり、私のジャベール像とは著しくかけ離れている。最初出てきた時には、ジャベールだと一瞬気付かなかったくらい。

ファンティーヌ: Rose Laurens

歌は味があって素晴らしいが、大人っぽい・どちらかといえば老けた声質が、ファンティーヌとしては好みでない。"J'avais rêvé d'une autre vie"("I dreamed a dream"の原曲)のアレンジが現在のものより好き。

マリウス: Richard DeWitte

ちょっと鼻にかかったヘタレた感じの声。原作のイメージに近いマリウス。

コゼット: Fabienne Guyon

嫌味のない純粋な乙女らしい声で、とにかく可愛い! このアルバムの中でもとりわけ役に似合っていて好き。

エポニーヌ: Marie

甘くて可愛らしい。もう少し荒んだ感じがあってもいいかも。

テナルディエ: Yvan Dautin

当たり障りのない感じ。どちらかというとコミカル。

テナルディエの妻: Marie-France Roussel

今のキャラとはかなり違う感じ、安心して聴ける無難な声。

ガブローシュ: Fabrice Bernard

変な子供っぽさが少なく、凛々しい! 出番も多く、浮浪児で英雄の素敵なガブローシュ。

リトル・コゼット: Maryse Cédolin

可愛い声だが、演技力・歌唱力にはやや難あり。

ジルノルマン: Dominique Tirmont

ちょっと若々しすぎる……。

クールフェラック: Claude-Michel Schönberg

歌手でもある作曲家のクロード=ミシェル・シェーンベルグ本人が、クールフェラック役で登場。しかし出番が少ないのでコメントし難い。

アンジョルラス: Michel Sardou

現在のものとはアレンジが違い、アンジョルラス一人舞台の "À la volonté du peuple"("Do you hear the people sing?" の原曲)が名曲。こちらもシャンソン歌手らしい渋い声のためあまりアンジョルラスというイメージではないが、単独の曲と割り切って聴くととても素晴らしいので、一曲だけでよく聴いている。

曲目

※注:併記の日本語訳は個人的に訳したもので、正確ではありません。

DISC 1:

  1. La Journée Est Finie
  2. L'Air De La Misère
  3. Les Beaux Cheveux Que Voilà
  4. J'Avais Rêvé D'Une Autre Vie
  5. Dites-moi Ce Qui Se Passe
  6. Fantine Et Monsieur Madeleine
  7. Mon Prince Est En Chemin
  8. Mam'zelle Crapaud
  9. La Devise Du Cabaretier
  10. Valjean Chez Les Thénardiers
  11. La Valse De La Fourberie
  12. Donnez, Donnez
  13. Rouge et Noir
  14. Les Amis De l'ABC

DISC 2:

  1. À La Volonté du Peuple
  2. Cosette: Dans la Vie
  3. Marius: Dans la Vie
  4. Voilà Le Soir Qui Tombe
  5. Le Cœur Au Bonheur (Cosette Et Marius)
  6. L'Un Vers L'Autre
  7. La Faute À Voltaire
  8. La Nuit De L'Angoisse
  9. Demain (Final 2e Acte)
  10. Ce N'est Rien
  11. L'Aube Du 6 Juin
  12. Noir Ou Blanc
  13. La Mort De Gavroche
  14. Marius Et Monsieur Gillenormand
  15. Le Mariage, "Soyez Heureux"
  16. L'Aveu De Jean Valjean
  17. Marchandage Et Révélation
  18. Epilogue: La Lumière