オーストリア ウィーン・キャスト盤

レ・ミゼラブル オリジナル・ウィーン・キャスト盤

1988年、ウィーンキャストによる「ドイツ語オリジナル」盤。

オーケストラがきらきらと賑やかで、結構癖がある。アンサンブルの一人一人に至るまで、とにかく皆安定感があって歌に聴き応えがある。演奏とドイツ語の語感が相まって、全体的に重厚で華やかだが、フランス版のような細やかなざらりとした雰囲気はなく、各キャストの技量への満足度のわりには、あまり聴いていないCD。

ドイツ語でザ行のSをサ行で発音しているのは、オーストリア風発音なのかな?

キャスト

JEAN VALJEAN : Reinhard Brussmann
JAVERT : Norbert Lamla
FANTINE : Sona MacDonald
MARIUS : Felix Martin
COSETTE : Martina Dorak
ÉPONINE : Jane Comerford
THÉNARDIER : Franz Csencsits
M.THÉNARDIER : Susanne Altschuls
ENJOLRAS : Alexander Diepold
GAVROCHE : Aris Sas
L.COSETTE : Leni Tanzer
アンサンブル
演奏(指揮: Caspar Richter)

はお気に入り度

キャスト雑感

ジャン・バルジャン: Reinhard Brussmann

やけに気品があって若い二枚目ボイス。冒頭は汚れ声を出しているのか、ちょっと印象弱め。生まれ変わってからは、貴公子系の壮麗さを醸し出す。"Bring ihn Heim" ("Bring Him Home") は鳥肌の立つ美しさ。でもエピローグはどうも死にゆく老人とは思えず、ちょっと好みが分かれそう。

ジャベール: Norbert Lamla

ドスが効いていて強そうだが、決して下品ではなく、全体的にドイツ語の響きがよく似合う(って、ジャベールはフランス人のはずだが……)。職務熱心が行き過ぎて、やや力みすぎの熱いジャベール、そのわりにアリア部分はなぜかやや淡泊になり、少々物足りない。

ファンティーヌ: Sona MacDonald

儚い系。品があって、非常に美しいが何分おとなしいので、もう少し暴走している感じもほしいかな。

マリウス: Felix Martin

あまり甘くない声でとても甘い歌い方をしているので、バランスよい感じ。ヘタレ坊ちゃんタイプ。若干、他の人に比べて音が不安定な気もするけど。この方の録音は後のデュイスブルク盤がスキ。

コゼット: Martina Dorak

大人っぽい。

エポニーヌ: Jane Comerford

綺麗なボーイッシュ声。わざとらしい甘さが無くて好き。若干、アニメチックな気もするけど。しかし、凄むところは凄んでいて、基本的に声は少年ぽいけれど "Nur für mich" ("On My Own") などでは、その表情で女らしさも出ててすごく可愛い。

テナルディエ: Franz Csencsits

インパクトがあって好き。毒気も結構ある。

テナルディエの妻: Susanne Altschuls

とてもふつう。

アンジョルラス: Alexander Diepold

理想に燃えつつも極端に暴走しない、冷静な指導者という雰囲気のアンジョルラス。声も綺麗だが、どこかカリスマに欠けるのは何故だろう……。バルジャンの方がアンジョっぽい声というのもあるかも。

ガブローシュ: Aris Sas

"Schaut Her" ("Look Down") の登場がとても格好良く、仕切っている! って感じがある。

リトル・コゼット: Leni Tanzer

とてもふつう。

曲目

DISC 1:

  1. Prolog
  2. Am Ende Vom Tag
  3. Ich Hab Geträumt Vor Langer Zeit
  4. Leichte Mädels
  5. Die Prüfung (Wer Bin Ich)
  6. Fantines Tod
  7. Der Doppelte Schwur
  8. In Meinem Schloß
  9. Wen Ha'm Wir Hier
  10. Ich Bin Herr Im Haus
  11. Der Handel
  12. Schaut Her
  13. Stern
  14. Rot und Schwarz (Das ABC-Café)
  15. Das Lied Des Volkes

DISC 2:

  1. Schon So Lang (Rue Plumet)
  2. Mein Herz Ruft Nach Dir
  3. Der Überfall
  4. Der Aufbruch
  5. Morgen Schon
  6. Nur Für Mich
  7. Siegen Oder Untergeh'n
  8. Javert Auf Der Barrikade
  9. Wir Kleinen
  10. Jean Valjean Auf Der Barrikade
  11. Der Erste Angriff
  12. Der Regen (Eponines Tod)
  13. Trinkt Mit Mir
  14. Bring Ihn Heim
  15. In Der Kanalisation
  16. Javerts Selbstmord
  17. Weiter
  18. Dunkles Schweigen An Den Tischen
  19. Jeden Tag
  20. Die Hochzeit
  21. Bettler Ans Buffet
  22. Epilog